PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
教育ブログ にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
静の時間 動の時間
0

     

     

     ブログでは、野外活動のことを伝えることが多いので、

     みんなの学校は、“自然の中で遊んでいる学校“というイメージを

     もっている方もいるかもしれません。

     

     みんなの学校では、

     野外活動のように、外へ向かって心を開く時間もありますが、

     それと同じか、それ以上に

     静かに内に向かう時間も大事にしています。

     

     毎朝のモーニングサークル(朝の会)は静寂の中から始まります。

     子どもたちは、集まってくると

     誰にも何も言われまくても、自分たちで心を静め、

     学校の横を流れる小川のせせらぎに耳を澄ませます。

     そのは本当に美しい瞬間です。

     

     授業も、少人数なので、思ったことを活発に言える雰囲気なのですが、

     授業の内容に深く入っていくと、

     教室がシンとしずまりかえる時間が訪れます。

     そのとき、子どもたちは自分の内面に深く入り込んでいます。

     その空間の美しいこと!

     

     子どもは元気に外へ向かう活動とともに、

     静かに内に向かう時間も求めています。

     

     

     手仕事の運針の時間。

     縫い物に集中する子どもたち。

     学校中がシンと静まりかえります。

       

      

     

     ○○タイム(自分がやりたい学習をする時間)

     数学の問題に取り組む8年生

     

     動の時間と静の時間が呼吸のリズムのように繰り返されることで、

     子どもたちは、安定して自分の力を発揮していきます。

     

     

     

     

     

     

    posted by: ウインクママ | - | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    芸術があふれている
    0

       

       

       みんなの学校の休み時間や放課後、

       学校のあちこちから音楽がきこえてきます。

       

       

       チェロの音色・・・

       

       

       笛やライアーの音色・・・

       

       外から、きれいなハーモニーの歌がきこえることも・・・。

       

       みんなの学校の子どもたちにとって、

       音楽を奏でることは、

       ボール遊びをしたり、鬼ごっこをしたり、トランプをしたりするのと同じように

       楽しいことみたいです。

       

       

       これは何でしょう?

       正解は、掃除当番表。

       ある子が作って来てくれました。

       こういうものも、芸術的ですよね。

       

       学校の中に、芸術があふれています。

       

       

      posted by: ウインクママ | ちょっといい話 | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      大航海時代  
      0

         

         

         中等部の歴史の授業では、今

         大航海時代について学んでいます。

         

         

         

         中学生の時期は、

         自分の内面が深まると同時に

         外への関心も強くなります。

         この時代の人々も

         外へと意識が広がり、世界の海へ漕ぎ出していきました。

         

         「どこでも行けるとしたら、どこへ行ってみたい?」

         の質問に、中等部の二人は答えます。

         「アフリカ!アフリカへ行って、動物と関わる仕事をしてみたい!」

         「イギリス!ビートルズの生まれた国に行きたい!」

         目を輝かせて、それぞれの夢を語ります。

         「でも、知らない国に行くのはこわくない?」

         「ん〜、ちょっとこわいけど、でも行きたい!」

         

         不安を持ちつつも、見知らぬ世界へ足を踏み入れてみたい・・・

         そんなエネルギーにあふれています。

         

          

         

         子どもたちの歴史のノート。

         コロンブスが大西洋を渡っていった船を描きながら

         こんな言葉をつぶやきます。

         「風の力で進んでいったんだね。」

         「この船で、大西洋を渡るなんて、こわいよね・・・。」

         「先に何があるか分からないのに、地球が丸いって信じて

          進んでいったのが、すごい。」

         

         でも、外の世界へ出ていくということは、

         様々な価値観が出会い、衝突することもあるということ。

         世界史でも、ここで初めて西洋と東洋が出会い、異文化がぶつかりあいます。

         侵略や奴隷貿易などが始まり、

         日本へも、宣教師たちがやってきました。

         

        「世界の多くの国が、スペインやポルトガルの植民地にされてしまったのに、

         どうして日本は日本のままで、いられたんだろう?」

         

         子どもたちの中から、こんな問いが生まれてきました。

         子どもたちは意識はしていませんが、

         この問いは、深いところで自分に投げかけられています。

         

         “自分を出したい。

          でも、自分とは違う価値観の人とぶつかってしまう。”

         “やりたいことがある。

          でも、大きな圧力にのみこまれそうになる。”

         “夢はある。

          でも、そこへたどり着く道筋が見えない。・・・・”

         

         中等部の子どもたちは、

         今まさに、大航海時代の人々の意識を追体験しています。

         

         問いをもって歴史を学ぶことで、自分を見つめていく・・・。

         みんなの学校の歴史の授業の目的は、そこにあります。

         単なる出来事の暗記のための教科ではないのです。

         

         

          

         

         

         

         

        posted by: ウインクママ | 社会 | 07:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        田んぼ開墾
        0

           

           昨年まで借りていた田んぼが遠いので、

           学校の近くに田んぼをつくることにしました。

           今年は、お米を作るのはお休みして、

           田んぼを開墾します。

           自分たちで、小さな田んぼを作ります。

           

           

           

           

           

           田んぼをつくるところから始めて、いつか自分たちの口に入る・・・

           そのときのお米(ご飯)の味は、格別でしょうね!

           

           

           

           

           

          posted by: ウインクママ | くらし | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          父の日のプレゼント
          0

             

             今年もまた、父の日のプレゼントを作りました。

             今年は、木を削り、磨いて、フォト&カードスタンドを作りました。

             

              

              小刀で木を削ります。

              どんな形にしようかな・・・。

             

              

             8年生は、機械で木をカットすることにも挑戦しました。

             

             

             サンドペーパーで、すべすべになるまで磨き、

             メッセージを描いたり、焼き色をつけたり、蜜蝋ワックスを塗ったりして、

             それぞれのフォトスタンドができあがりました。

             

             

             絵を描いて、立ててみました。

             

             

             

             

             

             

             素敵なプレゼントができました!

             

             

             

            posted by: ウインクママ | くらし | 08:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            泥染めワークショップ & 学校説明会
            0

               

               今年も、夏休みに 

               みんなの学校の体験会と学校説明会を行います。

               

               ご興味ある方、ぜひご参加ください。

               先着順なので、お早めにお申し込みください。

               

               

               

               

              posted by: ウインクママ | お知らせ | 07:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              みんなの学校の体育の授業
              0

                 

                 みんなの学校では、体を育てることを大事に考えています。

                 小学生も中学生も、体を作る大事なとき。

                 自分にとって、住み心地の良い体。

                 自分の思いをしなやかに実現させることができる体。

                 そんな体作りを目指しています。

                 

                 1学期前半の体育では、バドミントンをやりました。

                 回数を重ねるごとに、どの子も驚くほど上達していきました。

                 

                 

                 

                 みんなの学校は、人数が少ないので、

                 小学部も中学部も一緒に体育をやっています。

                 学年の開きもあるし、男女の差もあります。

                 でも、どの子もみんな楽しそうです。

                 スポーツ大好きな中等部の男の子も、

                 体を動かすよりは本を読む方が好きな小学部の女の子も、

                 一緒にダブルスを組んで試合をします。

                 みんな本気です。

                 お互いにカバーしあったり、いい刺激を受けたりして、

                 どんどんうまくなっていくのです。

                 

                 1年前、2年前は、体が思うように動かなかった子も、

                 見違えるほど動けるようになりました。

                 

                 どうして、こんなに体が使えるようになったんだろう?

                 と考えてみました。

                 

                 一番は、体育のS先生の授業が素晴らしいこと。

                 例えば、バレーボールだったら、まずは風船から初めて、

                 次は風船を二重にして、ちょっとスピードを速くして、

                 それからボールへ・・・というように、

                 どの子も無理なく楽しめるところから丁寧に進めてくれるのです。

                 それで、それまでは運動は苦手だと思い込んでいた子が

                 「私って、運動できるんだ!」

                 と気づけたのです。

                 それから、どの子も体育が大好きになりました。

                 

                 二番目は、オイリュトミーの授業があるということ。

                 オイリュトミーは、言葉や音楽を身体の動きで表現する芸術で、

                 子どもたちは、この授業の中で

                 “動くことの喜び” を体験しています。

                 まるで、一人ひとりの体が素敵な楽器になったみたいに、

                 喜びに満ちて、体で音楽を奏でています。

                 

                 三番目は、野外活動で体を使うこと。

                 山道や河原、森の中などで動くには、

                 体育館やグランドよりも、変化にとんだ動きが必要だったりします。

                 藪の中をくぐるとか、水の中を転ばないように歩くとか・・・。

                 そういう活動の中で、平衡感覚。空間感覚など、たくさんの感覚が養われています。

                 

                 四つ目は、体育のように大きく体を使う運動だけでなく、

                 手先を使う活動もたくさんしていること。

                 これについては、また別のときに書きます。

                 

                 五つ目は、少人数であるということ。

                 20人、30人のクラスなら、なかなか活躍できない子もいます。

                 でも、ここでは、一人ひとりが主役です。

                 

                 六つ目は、この子たちの「和の力」

                 お互いに高め合ったり、フォローしあったりする力が

                 普段の生活の中で培われているのです。

                 

                 

                 試合をすると、勝ち負けはあります。

                 でも、授業の最後に一言ずつ感想を聞くと、

                 「自分は、こういうところがよかった!嬉しい!」

                 という自己肯定の言葉がたくさん出てきて、嬉しくなります。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                posted by: ウインクママ | 体育 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                木の生命力を感じて・・・
                0

                   

                   4・5・6年生は、今、植物学をやっています。

                   

                   木は、地面の上に見えている幹や枝と同じくらい広く深く

                   地面の下に根をはっている、という話をして、

                   大きなケヤキの木を見に行きました。

                   

                   樹齢数百年はありそうな、大きなケヤキの木。

                   そのエネルギーを感じて、

                   それぞれ絵を描いてみました。

                   

                   

                   木の葉を鳴らして吹き抜ける風を感じます。

                   

                   

                   踊り出しそうに楽しい木。葉っぱの間から明るい光。

                   

                   

                   どっしりとした幹と根っこ。

                   

                   

                   空いっぱいに枝と葉を広げる木。

                   

                   みんなそれぞれに、ケヤキの生命力を感じて

                   それぞれの視点で、それぞれのタッチで表現していて、

                   伸びやかで、しなやかでいいなあ!1 

                   と感激しました。

                   

                  posted by: ウインクママ | - | 06:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  美しい自然の中で・・・
                  0

                     6月7日(木) 野外活動

                     

                     山歩きガイドのHさんの案内で、野尻湖に行きました。

                     

                     

                     森の中を歩いて、湖へ向かいます。緑がきれい。

                     

                     。

                      湖を見下ろしながら、お昼。

                      湖から吹いてくる心地よい風。木洩れ日。こずえのゆらぎ。陽の光。

                     

                      

                      

                     

                      

                      湖まで下りていきました。浅瀬に足を入れてみました。

                     

                      

                      木に座って、湖を眺める。気もちいいな〜。

                     

                     !

                     あ、エビだ! 大きい! おなかに卵があるエビもいるよ。

                     

                      

                     こんなエビがいました! ピョンピョンはねます。

                     

                     男の子も女の子も中等部の子も、夢中でエビを探したり、 

                     木陰で、湖からくる風を感じて、ゆったりしたり・・・。

                     美しい自然の中の、こんな体験が、

                     子どもたちの感性を豊かに育んでいきます。

                     ✿さんは、たくさんの美しい色が心に残ったようです。

                      

                     

                     〜✿さんの日記より〜

                     

                     最初に森の中を歩きました。

                     光が当たっている所の緑と、当たっていない所の緑は

                     色が全然違って、とってもきれいでした。

                     展望台に着くと、こんもりとした山の上から、

                     サファイヤ色の湖が宝石のように広がって、キラキラ光っていました。

                     お昼を食べ終わって上を見たら、

                     ぽっこりとまあるく空いた穴から、空の中心に向かって、

                     木の梢がゆらゆら揺れていました。

                     これを、「ゆらぎ」というそうです。

                     そこから、湖に下りていきました。

                     最初サファイヤ色だったのが、グラデーションになって、

                     群青色になって、

                     もっと行くと紫になって、

                     そしてだんだん透明になっていきました。

                     透明になったところで、水に入りました。 

                     

                     

                     自然の中の美しい色に感動できる感性が

                     素敵だなあと思います。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    posted by: ウインクママ | - | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    〇〇タイム
                    0

                       

                       みんな、一人ひとり、得意なこと・大好きなことがあります。

                       みんなの学校の、○○(まるまる)タイムは、

                       自分が得意なこと・やりたいことを思う存分やる時間。

                       

                       絵を描く子、楽器を練習する子、

                       物語の創作をする子、お裁縫をする子、

                       歴史マンガを描く子、数学の問題にチャレンジする子・・・。

                       それぞれ部屋も個別で、

                       一人で集中して、そのことに取り組みます。

                       

                       

                       学校中が、シンと静まりかえるほど、みんな集中して取り組みます。

                       

                       みんな、自分の得意なことをやりながら、

                       その子らしく力を発揮していきます。

                       

                       例えば、歴史が大好きな♡さんは、

                       こんなアイディアで、歴史マンガを描きました。

                       

                       

                       歴史人物と文通!

                       なんというユニークな発想!

                       しかも、カエルたちが楽しくお話を進めてくれます。

                       

                       

                       

                       

                       

                       赤いポケットの中に、歴史人物からの手紙が入っていて、

                       みんなの学校の子どもたちが読んでいくストーリーです。

                       

                       例えば、こんな手紙が入っています。

                       

                       

                       上杉謙信から、武田信玄へのお手紙。

                       他にも、いろんな歴史人物からのお手紙が入っています。

                       3メートルの長さの手紙とか・・・。

                       

                       自分の発想を自由に広げて、

                       楽しんで歴史の学習を深めています。

                       とにかく、楽しそう!!

                       

                       楽しく学べるって、幸せなことです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      posted by: ウインクママ | - | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |