PR
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
教育ブログ にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
つながりを感じる
0

    春になったので、冬の間中断していた小屋作りを再開しました。

     

     

     

    昨年度から始めた小屋作り。

    ここまで、進みました!

     

    近所の方から、いただいた竹を割いて、格子状に組んで、

    そこに土を塗って、壁にしていきます。

    この土は、100年前の土蔵の土。

     

    自分たちの手で、自分たちの小屋を作っていきます。

    根気のいる作業です。

     

    お米を育てて、おもちにして食べるのも、

    大豆を育てて味噌をつくるのも、

    羊と遊んで、毛刈りをして、その毛で編み物をするのも、

    手作り和紙で、卒業証書を作るのも・・・

    できるだけ、手作業で、全ての過程を体験していきます。

     

    そういう体験を通して、子どもたちは

    全てのものがつながりの中にあることを

    深い所で感じ取っていきます。

     

    自然と自分とのつながり。

    人と人とのつながり。

    自然のめぐり。

    命のつながり。

    時間を超えたつながり。 ・・・等々・・・

     

    みんなの学校の子どもたちは、

    入学して学びを重ねていくうちに、

    ものを乱暴に投げたりすることに心の痛みを感じるようになります。

     

    それは、

    ものの中に、たくさんのつながりを感じるからです。

    毛糸の手袋の中に、羊さんの命のぬくもりを。

    お米一粒の中に、たくさんの労働を。

    土壁や和紙の中に、昔の人々の知恵を

    自分たちの小屋の中に、たくさんの人々への感謝を・・・

     

    食べ物でも、衣服でも、

    結果だけが、ポンと目の前に現れる現代の生活の中で、

    物を乱暴に投げても、何も感じない子どももあらわれてしまうのは

    当たり前のことかもしれません。

     

    “すべてはつながりの中に“

     

    それを感じられるようになってほしいから、

    みんなの学校では、

    切り取られた部分だけを体験するではなく、

    全ての過程を積み重ねることを大事にしています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    posted by: ウインクママ | 小屋作り | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    せせらぎに耳を傾ける
    0

       

      今年も、水芭蕉を見に行きました。

       

       

      今年は、花が咲くのが早かったので、この日は、もう咲いている花は少なくなっていました。

       

      でも!!

      みんなの学校の子どもたちは、すごい!

      それぞれの楽しみ方で、この日の自然との出会いを楽しんでいました。

       

      「この水、冷た〜い! 気持ちいい〜。」

      「この、山菜触ってみて! もこもこふわふわだよ。」

       

      「私は、ここの水の音が好き!」

      「ほんとだ!いいね・・・。あ、私はこっちの水の音が好き。」

       

      「わあ、見て!水の光が葉っぱに映って、葉っぱがキラキラゆらゆらしてる!」

       


       

      五感をはたらかせて、

      小さなせせらぎの音や、葉っぱに映って揺れる光にも、

      喜びを感じられる子どもたち。

       

      感覚が研ぎ澄まされると、強い刺激がなくても

      至る所に喜びを感じられるようになります。

       

      みんなの学校の毎日の生活の中には、

      静寂の中で、小さな音に耳を傾ける時間があります。

      毎日の授業の中に、五感を使う体験がたくさん入っています。

      そんな毎日を積み重ねることで、

      子どもたちの感覚が磨かれていきます。

       

      黒姫山を眺めながら、お昼。いい気持ち。

       

      昼食後、木の枝を振って、風を切る音を聞いて遊ぶ子どもたち。

      このあとは、みんなで歌をうたってハーモニーを楽しんでいました♪

       

      何もなくても、そこにあるもので、体一つで、

      楽しく遊べるのが、みんなの学校の子どもたちのすごいところ。

       

      この力があれば、生きていくのに

      自分で自分の毎日を楽しくしていけると思いませんか?

       

       

       

       

      posted by: ウインクママ | 野外活動 | 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      お花を飾る喜び
      0

        みんなの学校の庭のお花がきれいです。

         

        子どもたちが摘んできて、学校のあちこちに飾ってくれます。

         

        ガラスの器に・・・・。

         

        教室に。

         

        職員室にも。色別に分けて・・・。

         

        誰に言われなくても、休み時間に自分たちでお花を摘んできて

        飾ってくれる子どもたち。

         

        しかも、この活け方。

        ただ、花瓶にさすのではなく、

        美しいものをより美しく見せようとする感性が、すごいです。

         

        お誕生会のお花も、子どもたちが飾ってくれます。

         

         

         

        お花の美しさに心を動かされて、

        自分たちの生活を美しく彩る子どもたち。

         

        みんなの学校の子どもたちの中に

        美しいものを喜び愛でる心が育っています。

         

         

         

         

         

        posted by: ウインクママ | ちょっといい話 | 13:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        2018年度 オイリュトミー大人クラス受講者募集のお知らせ
        0

          JUGEMテーマ:シュタイナー教育 シュタイナー幼児教

           

          2018年度が始まりました。

          今年も、みんなの学校では、吉野一恵先生を講師にお招きして、オイリュトミーの授業を行っています。

          吉野先生には、子供達への授業に加えて、大人を対象にしたオイリュトミー講座も行っていただいております。みんなの学校の教育の大きな柱の一つとなっている『芸術体験』を実感できる場となっています。受講者は、みんなの学校の子供たちの保護者の皆様に加えて、一般の方々についても受講していただくことが可能となっております。みんなの学校について興味がある方、シュタイナー教育について学んでみたいと感じている方は、この機会にぜひ体験していただければと思います。

          以下の案内をお読みいただき、是非前向きにご検討をください。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          posted by: ウインクママ | お知らせ | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          みんなの学校が紹介されました!
          0

            JUGEMテーマ:シュタイナー教育 シュタイナー幼児教育

             

             

             

            みんなの学校が、飯綱町公民官報(2018年4月30日 75号)に大きく紹介されました。

            みんなの学校が目指している教育、子ども達の学びの様子、子ども達の成長、学校を始めたきっかけ、今後の課題などについて、4ページにわたって紹介していただきました。

            是非お読みください。

            また、このような機会を与えていただきました編集委員の皆様、本当にありがとうございました。

             

             

             

             

            posted by: ウインクママ | お知らせ | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            新しい舞踏芸術  ­ーオイリュトミー舞台公演ー in 長野  のお知らせ
            0

              JUGEMテーマ:シュタイナー教育 シュタイナー幼児教育

               

              オイリュトミー舞台公演 in 長野  のお知らせ

               

              新しい舞踏芸術  ­ーオイリュトミー舞台公演ー in 長野

               

              2017年11月24日(金) 18時30分開演

               

              長野市勤労者女性会館 しなのき

               

              問い合わせ・チケット申し込み

               

                    mail:eurythmie-ensemble-lyra@xqe.biglobe.ne.jp

               

                    Fax: 0267-42-2634 ( 吉野 )

               

              入場料  

                    大人 2,000円  中学生以下 1,000円(6歳以上のお子様が入場可能となります)

               

              主催 オイリュトミー・ビューネアンサンブル 琴(ライラ)

               

              支援 小中学生のためのフリースクール 長野みんなの学校

               

               

              チラシ1

               

               

               

              チラシ2

               

               

               

               

              画像を大きく見たい場合は、こちらから

               

              https://30d.jp/minanogakou/1

               

               

               

               

               

               

               

               

              posted by: ウインクママ | お知らせ | 07:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              町探検 川をたどって・・・
              0

                3・4年生の社会の授業では、学校の周りを探検して、少しずつ視野を広げていきます。

                 

                 

                 

                まずは、学校のすぐ近くの石垣で、蛇を発見! 

                毒蛇でないとわかって、つかまえてしまうところが、この学校の子ども達のすごいところ・・・。

                倒れた木を発見。

                「一本橋だ。」「うまく渡れるかな・・?」

                「バランス取るの、難しいな・・。」

                 

                 

                                         

                            

                「この草、どんな味かな?」

                「わ!みつが甘い!」

                 

                社会の授業では、いずれ地図やグラフや本の情報などから、世界を知っていくことになりますが、

                まずは、味覚・触覚・平衡感覚など・・・自分の体の感覚をフルに使って、学校の周りの世界と出会っていきます。

                 

                学校の前を流れている滝沢川は、どこから来るのかな? 行けるところまで行ってみよう!

                 

                 何かいないかな?

                 カニを発見!!

                 

                探検する中で、生き生きとした言葉も飛び出します。

                 

                  カニ

                        

                カニがいたよ。

                石の下に かくれちゃったよ。

                にんぽう「かくれみの じゅつ」だ。

                             

                   カニ

                 

                カニは

                石に化けてるんだよ。

                 

                        

                「滝沢川は、どこにつながるのかな?」

                歩いて川をたどることに限界を感じた所で地図の登場。

                地図をたよりにたどっていくと・・・

                「ここで、滝沢川と八蛇川が合流するんだ!」

                「大発見だね!」

                すごいことを発見したと大喜びする子ども達。

                二人の視野は、こんなふうにぐんぐん広がっています。

                 

                 

                    二つの川の合流点 この先は・・・?

                    探検は続きます。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                                                                     

                                                    

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                               

                 

                 

                 

                 

                 


                posted by: ウインクママ | - | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                7年生はりきっています
                0

                   中等部の授業が始まりました。

                   素晴らしい先生方に恵まれて、

                   7年生の二人は、毎日わくわくとはりきって学んでいます。

                   Mさんは、「七年生の道を歩く」というタイトルのお便りを作ってきました。

                   

                                 Mさん「七年生の道を歩く」より

                   『飯綱の桜が咲き始めました。

                   冬の間、聞こえていなかった川の音が聞こえ始めました。

                   7年生クラスは新しいことがいっぱいです。毎日の授業がワクワクです。

                   

                   数学では、K先生が楽しく教えてくれます。

                   ただ教えるんじゃなくて「どうしてこうなのか」を考えてから教えてくれます。

                   総合は、「生きるって?」を、ふせんに書き出しました。

                   理科では、実験をやります。19日は、簡単なモーターを作りました。

                   英語は、Y先生が週に2日教えてくれます。

                   英語のノートも新しくなり、新鮮な感じです。

                   メインレッスンは、!先生です。

                   詩を暗唱したり、遅い時間にやることもあって、特別な感じです。』

                   

                   

                  Iくんの日記からも、中等部が始まって嬉しい気持ちが伝わってきます。

                                

                     7年生Iくんの日記より

                   

                  4月17日(水)   総合

                   今日は、総合の授業で「生きるって」というテーマで、

                   思いつくことをすべて書きました。

                   書いてみると、生きるって幅が広いと思いました。

                   そして、これから、どんなことをやるのか、とても楽しみです。

                   最初に「生きるって何ですか?」と先生が言ったら、ぼくたちが「アイスを食べること」と言って、

                   先生は「食べることだけだな。」と言いました。

                   

                   

                   

                   

                  4月18日(火)  授業

                   今日は、全部の授業が楽しみでした。(いつもどの授業も楽しい)(笑)

                   数学・英語・練習・お昼・体育・メインレッスン・・・それが火曜日の中等部の予定です。

                   カッコイイでしょ。

                   数学はK先生、英語はY先生、練習はS先生、体育はS先生、K先生、M先生でした。

                   体育は先生が4人もいて、とっても楽しかったです。

                   メインは!先生でした。一日で、こんなに先生が来てくれて、すごくうれしいです。

                   

                  お家の方からも日記が届きました!

                   

                   

                  『今日は、楽しみにしていた保護者会の日です。

                   私は、みんなの学校の保護者会が大好きです。

                   子どもがみんなの学校で学んでいること・体験していることが、

                   とても素敵なことだからです。

                   みんなの学校中等部はどんな楽しいことが待ってるのか、わくわくでたまりません。

                   S先生の授業も楽しそうだな。外(社会)へ出て学ぶこともあるのかな?

                   釣りに行くのかな?ミシンもやっちゃうって言ってたな。畑も増えるのかな?

                   そして子どもが楽しみにしている家作り。

                   これから3年間、どんな楽しいことがあるか、とても楽しみです。』

                   

                   

                   みんなの学校で授業をしている先生方も、

                  「この学校の子ども達と授業していると楽しいし、勉強になる。」

                   と言ってくださいます。

                   学んでいる子ども達も、授業をしている先生方も、通わせているお家の方も、

                   みんなが楽しい気持ちになれる・・・それって幸せなことだなあと思います。

                   

                  感じるままに・・・

                   

                   

                   

                  posted by: ウインクママ | - | 14:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  水芭蕉を見に行きました
                  0

                     

                     

                          

                     

                      

                    4月27日木曜日。

                    この日の野外活動は、水芭蕉を見に行きました。

                    一面に広がる白と緑。リュウキンカの黄色。透明な水。澄んだ空気。鶯の鳴き声・・・

                    身も心も清らかになりました。

                     

                       

                     

                      子ども達がつぶやく言葉も素敵です。

                      Hくんは、かたまって咲いている水芭蕉が家族に見えたようで、

                     こんな楽しい言葉をつぶやいていました。

                     

                     

                         水ばしょう

                     

                       水ばしょうは

                       かぞくであつまって さいているよ

                       これは 大かぞく

                       これがお父さん

                       これがお母さん・・・

                     

                       こっちは一人ぐらしだ

                       一人ぐらしの花と花で

                       けんかしたんだよ

                       こっちの花は あやまってるけど、

                       こっちの花は いやだよーって、

                       うしろむいているんだよ

                     

                     

                     

                    posted by: ウインクママ | - | 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    春を感じて・・・
                    0

                       

                      4月24日。くらしの時間、M先生とお花を摘みにいこうと外へ出てみると・・・

                      「ねえ、あれ、卵じゃない?」

                      「あ、ほんとだ!うさぎさん来てくれたんだ!」

                      みんな夢中で卵を探し始めました。

                       

                       

                      「あった〜!」「ここにもあった!」

                      あちこちで歓声があがります。

                       

                       

                       

                      こんなに見つかりました。

                       

                      一人ひとりが活けた野の花を添えて・・・。 

                      このお花は、このあと学校のあちこちに飾りました。

                      みんなの学校に、春の気分があふれています。

                       

                      卵は、新しい命の象徴。

                      冬の間、眠っていた大地が目覚め、草木が芽吹いていくこの季節に、

                      復活・再生の喜びを子ども達が感じられるように、

                      みんなの学校では、このほかにもいろいろなことを行います。

                       

                      7年生は、復活の歌を歌い、それを笛で吹いています。

                       ♪ 共に歌おう 今よみがえる 新しい命 私の心に・・・

                       

                      手仕事では、新しい命の象徴である卵を運んでくるイースターのうさぎを作りました。

                      うさぎもたくさん子どもを産むので、新しい命の象徴とされています。

                       

                       

                       

                       畑の仕事も始まりました  

                               

                       

                          畑を耕して畝作り            

                       

                       

                               種まき

                       

                      みんなの学校で子ども達と授業をしていくうちに、

                      地球も大きな生き物で、季節ごとに眠ったり起きたり、呼吸したりしているんじゃないかな・・・

                      と感じるようになってきました。

                      地球のリズムと私たちのリズムが呼応しているとき、子ども達もとても健やかでいられます。

                      これから夏至に向けて、子ども達の意識もどんどん外へ広がっていきます。

                       

                      posted by: ウインクママ | - | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |